いつものように車でスーパーに買い物に行ったら、土曜日だったこともあり1階の駐車場は満員でした。

仕方が無いので慣れない2階の駐車場まで上がり、空いている端っこのスペースに駐車しようとしたらいいきなりバーンという音がして車が左に傾きました。

あわてて降りてみるとなにか釘のようなものが落ちたらしく、前輪の右のタイヤがパンクをしているのがわかってがっくりしてしまいました。

単身赴任中に誘惑に負けて借金することに

  • 投稿日:
  • by

私は現在46歳で地方都市に住んでいるサラリーマンです。住宅を数年前に購入しました。

購入した住宅は建売住宅で3000万円を切るぐらいでしたのでその当時の自分の年収(約450万円)でも十分購入できるぐらいの値段だと思いまして、思い切って住宅ローンを組んでしまいました。

しかし、会社の業績が悪くなり年収は下がる一方です。昨年の年収は400万円を切るぐらいになってきました。

朝起きると目の周りが真っ赤に腫れ上がって触るとヒリヒリした痛みがありました。

冷やしてみたのですが腫れも痛みもひかず、仕方なくそのまま職場に行く事にしました。

職場に着くと私の顔をみた同僚が心配してくれて、職場近くの皮膚科を何件か調べてくれました。

わが家は念願のマイホームを建てたのですが、そのために毎年固定資産税がかなりかかるようになりました。

まさか1年に10万円近く家の固定資産税がかかると思っていなかったので、支払いにはけっこう苦労をしています。

毎年4月ころになると税金の払い込み通知が送られてきて、4月の終わりまでには最低でも25000円程度を絶対に払わなければなりません。でも春はお祝い事があったり遊びに出かけたりもするので、お金がなくて困ってしまうんです。

結婚を間近に控えていた頃の話です。5年前ですね。

当時、妻(そのときはまだ彼女ですが)はカードで買い物をしまくっている状態でした。僕はそれまで、ほとんどカードを使ったことがなかったので、その使い方に衝撃を受けました。

毎月給料のほとんどをカードの支払いにあてなければならないという状態で、カード支払い以降はほぼ無一文となり、食事などはもちろん光熱費なども時には私が支払うというありさまだったのです。

新社会人は学生よりもお金がない。

  • 投稿日:
  • by

私が大学を卒業して就職した年のお話です。

学生生活の最後に記念として春休みにたくさん旅行に行き、とても充実した1か月間でした。また社会人生活の準備としていろいろなものをカードで購入しました。

会社の研修も始まり、同期と出会い毎日研修後に飲みにいっていました。ここまで2か月くらいお金を使いっぱなしです。案の定4月分のカードの支払い請求がきて、初任給の振込を考えても銀行の残高が足りないことが発覚してしまいました。

激務で借金

  • 投稿日:
  • by

私が人生で初めてお金を借りたのは、単純に生活費がなくなったからです。

上京して就職した職場がものすごい激務で、終電で帰られれば良い方。徹夜は当たり前、休日もろくにない職場でした。

初めのうちは仕事も生活もやる気がみなぎっていたので、少ない空き時間を利用して自炊もしていましたが、日が経つにつれてそんなことも出来ないほど疲労していました。そうなると、段々金遣いが荒くなるのです。

私が25歳のときのことです。当時結婚二年目でしたが、新米主婦だった私はやりくりが今では考えられないほど下手で、毎月生活費はギリギリ、貯蓄なんて夢のまた夢、というような生活を送っていました。

しかし、とうとう避けて通れない大出費がやってきたのです!それは、車検。しかも運悪く、自分の車と主人の車、二台同時に受けなければいけない状況。

金額はよく覚えていませんが、確か7万円くらいだったような気がします。全ては自分がやりくり下手なせいとわかっていたので、実家の両親にも、お姑さんにも、夫にも「そんなお金どこにもありません!」なんて絶対に言えない。

私が20代前半だった頃の話になります。専門学校を卒業し、アルバイトをしながら実家で両親と妹と一緒に暮らして居ました。

当時は正社員になって毎日スーツを着て、満員電車のラッシュで通勤するような生活はしたくないと思い、学生時代も殆ど就職活動などはしないで、学生時代からやっていたアルバイト先でそのまま働きながら、数年は暮らして行こうと思って居たのです。

そんな中でアルバイト先の上司と折り合いが悪くなり、アルバイトを続けて行く事が精神的に難しく、次のアルバイト先も決めないまま、アルバイトを辞めてしまったのです。

当時、多額の借金がある彼氏とお付き合いしていた為、私のアルバイト代は、彼とのデート代に大半が消えてしまい、殆ど貯金など出来ない状態でした。

急な出費がかさんで食費さえ危うい状態に陥ってしまった。

出張先なので友人や親に借りることも出来ない。一度実家に帰ろうとも思ったが重要な仕事があり休暇は取れない状態・・・そこで消費者金融を利用することにした。

今まで消費者金融は利用したことがなくあまり良いイメージはなかったが背に腹は代えられない思い決断することに。